みちと景観調査

「安全なみち空間景観資源利活用調査事業」第2回検討会 開催案内

j-kana No Comments

自動車が広く普及する以前は、広場や道端、空き地等はこどもたちの遊び空間であり、地域の人びとがたまったりイベントを行っている景色がよくみられました。
現在のまちにおいては、街の中心に「広場」的な場所が少なく、また、安全なにぎわい空間が少ない状況です。そこで当委員会では、楽しむ道や遊べる道など移動の為だけではない多様な公共空間とまち並み景観を創出するため、道路空間の現状を分析する調査事業を実施しています。そして、本調査事業の取り組みのひとつとしてこれらをテーマにしたセミナー検討会を開催しています。

第1回目は今年のこども環境学会にて論文・著作賞を受賞された「まち保育のススメ」を編著執筆された三輪先生と共に検討会を開催し、たいへん内容の濃い検討会となりました。

そして第2弾として第2回目の検討会を7月27日(金)に開催します。

産業能率大学でまちづくりや商店街についての調査研究をされ、また、伊勢原にて大山についての様々な活動を実践されている斉藤進氏を迎えて、おもに観光地や商店街の活動を中心として道の利活用と景観資源についての検討会を行います。
さまざまな経験談を聞いたり参加者の意見交換などを通じて、これからの道について考えていきたいと思いますのでぜひご参加ください。

-主な内容-
【第一部】
・斉藤先生講演「“商業と観光”からみち空間を考える」
【第二部】
・安全な道空間景観資源利活用調査事業の調査進捗報告概要
・フリーディスカッション
※ 本勉強会は、(一社)神奈川県建築士事務所協会「景観整備に関する受託事業者名簿(仮)」登録の
必修単位となる予定です。

【主 催】一般社団法人 神奈川県建築士事務所協会 景観・まちづくり専門委員会
【日 時】平成30年7月27日(金)
受付 13:45~ 検討会 14:00~16:00
【会 場】古宮旅館 1 階奥広間
伊勢原市大山 512
℡ 0463-95-2051
【定 員】30名 (先着申込み順。定員になり次第締め切ります)
【対 象】会員(所員を含む)および賛助会員、一般
【会 費】無料

◇◆↓↓詳細・お申込書はこちらからご確認をお願い致します↓↓◆◇

http://j-kana.or.jp/main/apps/wp-content/uploads/2018/07/300727keimachikentoukai.pdf

 

また、当日は本検討会終了後、かながわ建築設計大山講が開催されます。ご興味のある方はこちらもご覧ください。
かながわ建築設計大山講開催情報

安全な道空間景観資源利活用調査事業第1回検討会

安全な道空間景観資源利活用調査事業検討会

j-kana No Comments

景観・まちづくり専門委員会では、道をいろいろなことに使えないかを神奈川県建築安全協会の助成採択を受けて調査研究をしています。

今年のこども環境学会にて論文・著作賞を受賞された「まち保育のススメ」を編著執筆された三輪先生と共に検討会を開催します。

ご関心ある方は是非ご参加ください(無料)。
詳細は以下をご覧ください。

http://www.j-kana.or.jp/architect/seminar_detail.html?CN=244855