耐震診断は建物の健康診断です。

古い建物は昔の基準で設計されているので地震に弱かったりするのですよ。

それでどのぐらい地震に対して強いかを診断するのが耐震診断です。

地震の時のためだけなんですけどね。だから老朽化や雨漏りとかは評価しませんのでご注意を。

もし耐震診断でNGだったときには耐震補強をして地震に強い建物にしましょう。

そのためには先ず耐震設計をします。つまり治療方針をしっかり立てるわけですね。

それから補強工事を行います。手術みたいなものですね。工事が完成すれば地震については大丈夫。

でも、基本的には地震で壊れないようにして逃げる時間を稼ぐことがが法律的な方針なので、後で建物が使えるかどうかは別問題です。

他のページに建物のタイプ別に診断方法の概要と代表的な補強方法をまとめていますので見て下さいな。