耐震診断の結果

建物の種類にもよりますが、基本的にはIsという値によって耐震性を判定します。

これは高い方が良いです。

一般的には0.6以上で合格となりますが、合格でも全く壊れないわけではなく、部分的に壊れることはあります。特に窓などにはひびが入ることが多いです。


また、被災後に建物が使えるかどうかは判定基準に入っておりません。