木造住宅の場合

木造住宅は実は壁の量とバランスで耐震性が決まります。

壁が多めで、縦も横も同じぐらいの量なら耐震性が高くなります。

ただし、木造はシロアリによる被害や雨漏りによって腐ってしまう場合もあるので、内部の調査が欠かせません。

耐震診断を行う場合は、簡易的な調査を行って図面や現場から壁の量を調べ、計算を行います。

それで耐震性に疑いあり、となった場合は耐震補強に移ります。

耐震補強は壁量が最適になるように壁を追加することが多いです。

ただし、耐震診断の調査は簡易的なものなので、補強工事の際に追加で問題が見つかることもあります。 その場合は追加工事が必要になるので、予算は多めに見積もっておきましょう。