マンションの場合

マンションは鉄筋コンクリートという内部に鉄筋が入ったコンクリートで作られていることが多いです。

コンクリートの建物はコンクリートの良し悪しが耐震性に大きく影響します。

窓の部分はひびが入りやすいです。

そのため、コア抜きと言ってコンクリートのサンプルを採取しますつまり、建物に穴を開けて茶筒ぐらいのコンクリートを取ります。もちろん穴は塞ぎますので問題ありませんが、多少見た目は悪くなります。

そのコンクリート強度を調べて、耐震診断を行います。

それで耐震性に疑いあり、となった場合は耐震補強に移ります。

補強方法は強度を増すように耐震ブレースを入れたり、壁を増やしたりする方法と、粘り強さを出すために構造スリットという壁に切れ目を入れる方法もあります。 これらを組み合わせて耐震性を上げていきます。

しかし、マンションの場合に最も大きな問題は、管理組合総会での合意がないと耐震診断や耐震補強ができないことです。

特に補強は工事が入るので、工事が必要な部屋に住む方とそうでない方との間の不公平感が合意を難しくする要因の一つのようです。